構造|品質|OMC Style House|オーエムシースタイルハウス|山梨の注文住宅メーカー

OMC Style House|オーエムシースタイルハウス|山梨の注文住宅メーカー

山梨でおしゃれな注文住宅を建てるならオーエムーシースタイルハウスへ

OMC STYLE HOUSEの採用している工法について
構造・工法

自由設計とは、プランだけでなく構造・工法も自由であるべきです。
建築工法には在来工法(木造軸組み工法)をはじめツーバイフォー工法・ツーバイシックス工法等、様々なものがあります。
在来工法とツーバイフォー工法とどちらが優れているか?は一概に言うことができませんが、それぞれ特徴があります。
一つ言えることは誠意ある設計士が構造を考え、しっかりした工務店が建てればどちらも良い家になるのです。

木造軸組工法(在来工法)

木造軸組工法とは、柱と梁で構成される架構の建築様式です。
日本では古くから用いられ進化し現在に至ります。柱や梁と言ったその名の通り「軸組」で構成されているため、面で構成される2x4に比べ自由度が高いのも特徴です。 接合金物なども進化を遂げ、耐震面などでも2×4工法に比べ遜色のないものになっています。

2×4工法(ツーバイフォー工法)

北米生まれの「2×4工法」は、日本の一般的な「軸組工法」とは異なる考え方の建築工法です。
軸組工法が、柱や梁といった軸組(線材) で支えるのに対し、2×4工法は、フレーム状に組まれた木材に構造用合板を打ち付けた壁や床(面材)で建物を支えます。ゆえに、壁・床 ・天井の6面が一体となった箱形の「モノコック構造」となり、高い耐震性・耐火性・断熱性・気密性・防音性が得られます。

2×6工法(ツーバイシックス工法)

ツーバイ工法をさらに進化させた「ツーバイシックス工法」。 2×6材を使用することで外周の厚さを1.5倍し、この壁の厚み部分に高性能な断熱材をしっかり充填することで耐震性や断熱性などの性能をレベルアップさせています。

外壁通気工法を採用(共通標準)

OMC STYLE HOUSEでは外装材の 内側と断熱材との間に通気層を設ける「通気工法」を標準工法としています。
「通気工法」とは、断熱材の外側に「通気層」を設け、空気が温度差や気圧差で流れる性質を利用して、土台部分の換気口から空気を取り入れ、軒裏や 棟の換気口から空気を排出します。 壁内にこもりやすい余分な湿気を、常に外部へと放出し、木材を乾燥状態に保つ効果があります。

キソパッキング工法(共通標準)

床下を自然の風で全周換気。家の寿命を伸ばします。 「Jotoキソパッキング工法」はコンクリートと木部の間に『キソパッキン』をはさみ、空間を作ることで床下の換気を行い、 同時に水分を多く含むコンクリートと乾燥状態を保つべき木材とを絶縁します。 床下を乾燥状態に保つことで、 住まいの長寿や健康はもちろん、省エネ効果も発揮します。 また、実物大の木造住宅を再現した振動実験や、 経年住宅のデータなどでも安全性は確認された工法です。多くの家屋倒壊という被害をだした阪神淡路大震災でも安全性が実証されています。

構造材には狂いの少ない集成材を採用。

反りや曲がりなどが少なく、強度は無垢材の1.5倍。シックハウスに対しても最高等級(F☆☆☆☆)の安全性が認められています。 すべての部材を工場内で、設計図面に合わせコンピュータ制御で精密にカットすることで、高強度で建て付けの良い、住み心地に優れた家を実現させています。

構造用集成材は非常にメリットの多い木材です。しかし、一世一代の住まいづくり。 木材も無垢にこだわりたいという施主様は大変多くおられます。 もちろん、こうした皆様のご要望にも確実にお応えいたします。ヒノキ、スギ、マツなど。 皆様のお気持ちとこだわりに沿った天然無垢材をご用意いたします。

OMC STYLE HOUSEの5つのPOINT

OMC STYLE HOUSEはデザインや間取りだけではない。
夏暑く冬は寒い家、長持ちしない家、地震に弱い家では快適な生活はできません。
快適な暮らしは性能が備わってこそ、安心できる暮らしが実現できる。

構造・工法

耐震性・耐久性

断熱性・省エネ性

耐火性

充実した保証・現場の
アフターメンテナンス

オーエムシースタイルハウスの注文住宅に興味のある方は、
なんでもお気軽に問い合わせください。

TEL055-221-7755

受付時間 AM 10:00 ~ PM 7:00 | 定休日 水曜

〒400-0064  甲府市下飯田1-3-17