耐火|品質|OMC Style House|オーエムシースタイルハウス|山梨の注文住宅メーカー

OMC Style House|オーエムシースタイルハウス|山梨の注文住宅メーカー

山梨でおしゃれな注文住宅を建てるならオーエムーシースタイルハウスへ

火災に対する安全性
耐火性

省令準耐火構造

「隣家などから火をもらわない」「火災が発生しても部屋から火を出さない」「万が一部屋から火が出ても延焼を遅らせる」

という三つの考え方に基づいた対策が施され、万が一の火災時にも避難時間を十分に確保できる
性能を持っていると公的に認められた構造のことを省令準耐火構造といいます。

「省令準耐火構造の住宅」の特徴

隣家などから火をもらわない

隣家からのもらい火による火災に備えて、屋根や外壁、軒裏を防火性の高い構造とします。 省令準耐火構造では、屋根を市街地での火災を想定した火の粉による 建築物の火災を防止できるよう 不燃材料で葺くこと等としています。また、外壁及び軒裏は、建築基準法の防火構造
(例:外壁に防火サイディング壁を使用する など)としています。

火災が発生しても一定時間部屋から火を出さない

火災を最小限に食い止めるためには、発生源とその他の部分とを完全に区切る「防火区画化」が重要となります。
加えて、室内の内側(壁・天井)には火に強い せっこうボードを使用します。火が柱などの構造材に燃え移るまでには 相当の時間がかかることにより、避難や初期消火が可能となります。

万が一部屋から火が出ても延焼を遅らせる

内部で火災が起こった際、壁の内側や天井裏を伝わって火が燃え広がってしまいます。
火が住宅全体に広がりにくくするため、火炎の通り道となる壁や天井内部の要所(壁の内部などの取合部)に 木材や断熱材のファイヤーストップ材を設けます。このように省令準耐火構造では、 「各室防火」・「他室への延焼遅延」に より内部火災に強い住宅となっております。

火災保険料が通常の木造住宅の半額以下に。

OMC STYLE HOUSEの5つのPOINT

OMC STYLE HOUSEはデザインや間取りだけではない。
夏暑く冬は寒い家、長持ちしない家、地震に弱い家では快適な生活はできません。
快適な暮らしは性能が備わってこそ、安心できる暮らしが実現できる。

構造・工法

耐震性・耐久性

断熱性・省エネ性

耐火性

充実した保証・現場の
アフターメンテナンス

オーエムシースタイルハウスの注文住宅に興味のある方は、
なんでもお気軽に問い合わせください。

TEL055-221-7755

受付時間 AM 10:00 ~ PM 7:00 | 定休日 水曜

〒400-0064  甲府市下飯田1-3-17